羊毛フェルトを使った作品を作っています☆羊毛のwoolとふわふわなイメージでfuury(ふうりぃ)と読みます。羊毛フェルト以外でも雑貨全般作ります。よろしくお願いします☆


by fuury2013

いきる

こんにちは。fuuryです。

今日は雨が降るものだと思っていたら、だんだんと晴れてきて洗濯物も乾いていました。でもとってもジメジメして暑かったですね。みなさんの地域はどうでしたか?写真は待ち時間に飲んだ「ミルクティータピオカ」早朝の何も食べていない体には甘くてちょうどよかったです☆

今日は、ちょっと真面目な話を書きます。お時間があれば、お付き合いください。


今日はわたしの父の手術の日でした。昨日、病院へ行き、入院手続きや検査をして、今日を迎えました。さきほど7時間におよぶ手術が終わり、まだ意識の戻らない父と会ってきました。無事に終わって家族や親せき一同、ホッとしています。
洗濯など家の仕事をするため、いったん家に帰って、少し時間があるのでブログを書いています。このあと、また病院へ行きます。

 父が病気になってから気づく健康であることのありがたさ。日頃のちょっとした意識や少しの努力で健康な体作りができることを改めて実感しました。
父の入院や手術が決まってから、近所の方や親せきなどたくさんの方が励ましの言葉をかけに来てくださっている様子を見て、「父はしあわせものだな~」と思っていました。普段は強気な父も、入院と手術が近づくにつれて、口数も少なく、表情も暗くなっていく姿を母と二人で励ましながら今日を迎えました。

 今までしぶっていた手術に踏み切った理由はたくさんあると思うのですが、その中の大きなひとつとして、義理の弟の死があります。4月に亡くなったわたしにとっては叔父にあたる方。いつも優しかった叔父は病気で入退院を繰り返していたのを、母から話には聞いていましたが、突然の訃報にとても驚きました。
 叔父は父よりも1つ年下。叔父も父と同じ仕事をしていたこともあり、仲の良かった身近な叔父の死を目の当たりにして、いろいろ思うところがあったのかなと思っています。これからまだまだたくさん楽しいことが待っています。仕事一筋で生きてきた分、長生きして残りの人生を楽しく送ってほしいと思っていたので、手術を決断してくれたことはとてもうれしかったです。

 これから術後のリハビリや退院した後の食事など少しバタバタしそうですが、なんとか家族一致団結して、乗り越えていくつもりです。焦らず、頑張りすぎず、楽しんで。

 そして、今年に入ってからいろいろな「タイミング」が重なり、今に至ること。契約が切れたためと自分を見つめなおしたくて前の仕事を一旦辞め、仕事を辞めた4月に父が手術をすることが決まり、またタイミングよくありがたいお仕事の話をいただき、そして健康を守っていくために何が大事なのかを知った数日前。

 今年に入って、「なぜこんなによいタイミングでいろんな出会いや出来事が起こるのだろうか?」と不思議に思ったことが何度かあります。きっと神様やご先祖様の思召しなのかなと勝手に思っています。


「人生は何が起こるかわからないから不安だけれど、全部わかっていたらおもしろくないじゃない」

何かの本で目についた言葉です。

「自分の目の前に起こる出来事は、神様やご先祖様からのメッセージ。起こるべくして起こっているんだと」
これも何かの本で目について言葉です。

この言葉のように、「うんうん!!確かにそうかも!!」と思うことが今年に入って、小さいことから大きなことまで起こっています。きっと、必然的に起こっていることなんでしょうね。

そう思って、毎日を大事に生きることに決めました。これまでは不安なことに心を占領されて、その時を楽しめなかったり、上手に休憩できなかったりでした。自分なりに日々を大事に生きてきたつもりですが、少し視点を変えてこれからもっともっと大事に毎日を過ごしていきます。
もっと自分のことを大切にしたい。そして、家族のことも大切にしたい。そう思います。


 長くなりましたが、この場所に書くこと自分への決意表明になるかもと思って書きました。気分を害されたり、不愉快になってしまわれたらごめんなさい。読んでくださってありがとうございました。

明日もいい日であることを信じて・・・☆

また、あした~(*^_^*)
c0309208_16575825.jpg

[PR]
by fuury2013 | 2013-05-29 17:05